ここから本文です

“適当に下がって”スーパークリアも…千葉DF比嘉、後半AT被弾に悔しさ

ゲキサカ 9/18(日) 19:51配信

[9.18 J2第32節 千葉 1-1 山口 フクアリ]

 絶体絶命の危機を救った。3試合連続で先発出場を果たしたジェフユナイテッド千葉DF比嘉祐介は、左SBの位置に入るとライン際で上下動を続けて攻守に働く。そして、前半29分にはビックプレーを披露してチームに勢いをもたらした。

 山口に細かいパスをつながれると、MF望月嶺臣の浮き球のパスからMF福満隆貴に右サイドを突破されてPA内への進入を許してしまう。福満のシュートは距離を詰めたGK佐藤優也が弾いたものの、こぼれ球にはMF鳥養祐矢が反応しようとしていた。しかし、比嘉が後方に倒れ込みながらも左足を伸ばし、見事にクリアして難を逃れた。

「優也くんが出て、来るかなと思って適当に下がった」とおどけつつも、「相手も来ていたので運良くクリアできて良かった。いいクリアだったと思う」と胸を張った。

 しかし、チームは後半20分にFWエウトンの3試合連続ゴールで先制しながらも、後半アディショナルタイムに同点ゴールを献上してしまう。左サイドでボールを受けたFW岡本英也に対応した比嘉は一度はクロスを「低いボールは切っていたので体に当てられた」とブロックしながらも、こぼれ球を拾った岡本のクロスからFW中山仁斗にヘディングゴールを決められてしまった。

 3試合ぶりの失点。そして白星を逃したことに「すごく悔しい。久し振りに失点したし、負けたくらい疲れがきた」と声を落とした。

最終更新:9/18(日) 23:20

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。