ここから本文です

チームを救う土壇場のAT同点弾! 山口FW中山仁斗「チャンスは絶対にくると思った」

ゲキサカ 9月18日(日)23時53分配信

[9.18 J2第32節 千葉1-1山口 フクアリ]

 レノファ山口FCのFW中山仁斗がアディショナルタイムに値千金の同点弾。今季9得点目のゴールで勝ち点1をもたらし、「チャンスは絶対にくると思っていた。終盤に決められてよかった」と声を弾ませた。

 千葉は後半29分の選手交代からシステムを変更。5バックにして守備に重心を置いた。しかし、そこに勝機を見出した。「ボールを持っている人にはあまりプレッシャーはなかった。選手が前を向いて仕掛けたらチャンスはあった」。

 そして、0-1で迎えた後半アディショナルタイムに劇的展開を迎える。FW岡本英也がPA右からクロスを送ると一度は千葉DF比嘉祐介にブロックされたが、岡本が自らこぼれ球を拾い、再びゴール前にクロスを供給。ファーサイドの中山がヘディングで合わせると、シュートはゴールネットを揺らし、土壇場で同点に追いついた。この活躍には上野展裕監督も「中山はよくやった」と賛辞を送る。

 山口は勝ち点を「45」に伸ばし、昇格プレーオフ圏内の6位京都(勝ち点51)を6差で追う。リーグ戦は10試合を残し、昇格争いも佳境だ。「大事な場面で点が取れる選手を目指したい」。自身の得点で、チームに勝ち点3をもたらし続けたい。

最終更新:9月18日(日)23時53分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。