ここから本文です

7月の対米証券投資:中国が米国債保有を減らす、2013年以来の低水準

Bloomberg 9月17日(土)6時1分配信

世界で最も米国債を保有する中国は、米国債保有残高を約3年ぶりの水準に減らしたことが明らかになった。米財務省が16日発表した7月の対米証券投資動向とブルームバーグがまとめた過去のデータによると、中国が保有する中長短期の米国債残高は1兆2200億ドルと、前月から220億ドル減少した。減少幅も2013年以降で最大。

米国債保有2位の日本は69億ドル増加して1兆1500億ドル。サウジアラビアは6カ月連続で減少して965億ドルだった。

外国からみた長期証券の7月買越額は1039億ドル。Tビルや株式スワップなど短期証券を含む買越額は1406億ドルだった。

米国債は131億ドルの売り越し。株式は261億ドルの買い越し。社債は207億ドル、政府機関債は389億ドルの買い越しだった。

原題:China’s Holdings of Treasuries Fall to Lowest Level Since 2013(抜粋)

Scott Lanman

最終更新:9月17日(土)6時1分

Bloomberg