ここから本文です

大手企業の夏ボーナスは過去2番目の高水準、4年連続増加-厚労省

Bloomberg 9月18日(日)13時25分配信

厚生労働省によると、国内企業の今夏のボーナスは前年から増加し過去2番目に高い水準になった。増加は4年連続。

同省が16日発表した「民間主要企業の夏季一時金妥結状況」によると、今年の妥結額は、平均84万3577円。過去最高だった07年の84万3779円に約200円まで迫った。産業別にみると、電力・ガスやサービスが前年比で15%以上増えたが、精密機械は19.2%減、鉄鋼は13.4%減となった。

夏のボーナスは、第2次安倍晋三政権が発足した翌年の13年から増加を続けている。14年は7.28%増えたが、今年の増加率は1.36%と伸びが鈍化している。

今回の調査対象は、妥結額などを継続して把握できた資本金10億円以上かつ従業員1000人以上の労働組合のある企業374社。

Tesun Oh

最終更新:9月18日(日)13時25分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]