ここから本文です

【シュートボクシング】鈴木と対戦するRIZINからの刺客「前に立つ者は倒すだけ」

イーファイト 9月19日(月)0時10分配信

 9月19日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2016 act.4』の前日計量・会見が、18日(日)都内にあるシーザージムにて行われた。

【フォト】計量をクリアーした鈴木

 出場選手が計量をクリアーする中、メインイベントで対戦する鈴木博昭(ストライキングジムAres)は65.25kg、 対するジョーイ・ラケット(アメリカ)は64.45kgで計量をパスし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

 鈴木はRIZINからの刺客ジョーイと対戦することとなり、「相手の情報が全くありませんが、それが戦いというものなので、久しぶりに全く知らない相手と戦うのは楽しみ。シュートボクシングらしい熱い試合をしてKOして勝つことが至上命題だと思うので、ジョーイ選手を思いっきりKOするために攻撃するので、ジョーイ選手も僕を倒しにきて欲しいと思います」と挑発コメント。

 これを受けてジョーイは「私は過去にいくつかのタイトルを獲ってきた。彼は私をKOすると言っていたが、私も同じ気持ち。これは戦争になるだろう。私は自分の仕事を100%、150%の力で全うする。相手が誰であろうと関係ないので、前に立つ者は倒すだけだ」と返り討ちにするという。

 11月に開催予定のS-cup出場権を懸けた査定試合の意味合いを持つことに関して、鈴木は「シュートボクサーにとってS-cupは最高峰の舞台。今回その最高の舞台に向けて、お互いにどちらかが倒れるような試合をして、お客さんに熱が伝わるような試合をしたならば、結果、S-cup出場のチャンスがあると思います」と静かに闘志を燃やす。

 ジョーイも「S-cupで戦うことは大きな栄誉。私がS-cupを制する、初めてのアメリカ人選手になりたい。」とS-cup出場に意欲を見せた。

最終更新:9月19日(月)0時10分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]