ここから本文です

チョン・インジ、大舞台で無類の強さ=重圧はねのけ、逃げ切る―エビアン女子ゴルフ

時事通信 9月19日(月)0時0分配信

 韓国の新星チョン・インジが、またもや大舞台のタイトルをさらった。それも、メジャー最多アンダーパーという記録付き。4日間とも雨の悪条件の中、驚異的な21アンダーをマークした。プレー中には決して冷静さを失わない22歳が声を上ずらせ、「信じられない」。

 トップで並んでいた同じ韓国の朴城※(※火ヘンに玄)を2日目で振り切ると、その後は重圧をはねのけながら首位を守り続けた。「ポテトチップスみたい」と言われる起伏の大きいグリーンを、得意のパットで攻略。最後に約3メートルのウイニングパットを決めると、両手を上げて感情を爆発させた。

 昨年の全米女子オープンを初出場で制し、今年もメジャー初戦のANAインスピレーションで2位。日本ツアーの2勝も、ともにメジャー大会。大舞台に強い秘訣(ひけつ)を問われると、「緊張とか重圧があるほど、いいプレーができる。それがない試合なんて面白くない」と言ってのける。

 息が白むほどの寒さの中、韓国の仲間から水をかけられると、うれし涙があふれ出す。「プレーするのは1人だけど、ゴルフはチームスポーツだと思う。コーチ、マネジャー、家族…。みんなに感謝したい」。 

最終更新:9月19日(月)0時5分

時事通信