ここから本文です

日本の楢崎、「ボルダリング」世界王者に!東京五輪で金メダルだ

サンケイスポーツ 9月19日(月)7時0分配信

 スポーツクライミング・世界選手権第4日(17日、パリ)東京の星だ!! 2020年東京五輪の追加種目に決まった競技。ボルダリング男子決勝で16年のW杯ランキング1位の楢崎智亜(ともあ、20)=栃木県連盟=が日本選手で初優勝した。女子決勝では今季W杯ランキング2位の野中生萌(19)=東京都連盟=が2位。W杯で4度の年間王者の実績を持つ野口啓代(27)=茨城県連盟=は3位だった。東京五輪ではその他に野球・ソフトボール、スケートボード、空手、サーフィンが追加される。

 覆いかぶさるような壁を忍者のような身軽さで攻略し、観客に向かいガッツポーズでアピールした。2020年東京五輪の追加種目に決まり、かつてない注目が集まった重要な一戦。お祭り男の楢崎が日本選手として初の世界王者に輝いた。

 「やってやったぞという感じ。歓声がめちゃめちゃ気持ちいい。最高でした」

 上位6人による決勝は横っ跳びで突起物をつかむアクロバティックな動きや関節の柔軟性、高い技術力が要求される変化に富んだコース設定だった。準決勝を6位通過した楢崎は1番手で登場。先に成功していくことでライバルを揺さぶり、同じく3つの課題に成功したチェコ選手を試技数の少なさで上回った。

 少年時代から体を動かすことが大好きだった。「木に登って枝が折れちゃって右腕を骨折したこともある。顔は3、4カ所縫っているし、けがが多かった」。武勇伝に事欠かない野性児は、重圧のかかる場面でも伸び伸びと自分の実力を発揮できる今どきの若者だ。

 決勝前も大観衆を目にして、「ここで優勝したらどれだけ気持ちいいんだろう」とスポットライトを浴びる自身の姿をイメージしたという。4年後の母国五輪で金メダルを目標に掲げる20歳のイケメンクライマーは、プラス思考を貫いた。

 「これからどんどん活躍して『クライミングは格好いい』と憧れられる存在になりたい」

 世界のトップに立っても飾らない人柄は変わらず、試合後は「とりあえず腹が減りました」とちゃめっ気たっぷりに笑った。実力だけでなく、人気でもブレークの予感が漂う。

最終更新:9月19日(月)7時0分

サンケイスポーツ