ここから本文です

土屋太鳳…「兄に愛されすぎて困ってます」片寄涼太と兄妹役

スポーツ報知 9月19日(月)6時5分配信

 EXILEの弟分7人組「GENERATIONS」のボーカル&パフォーマーの片寄(かたよせ)涼太(22)が、映画「兄に愛されすぎて困ってます」(来夏公開、河合勇人監督)でスクリーンデビューを飾ることが18日、分かった。同名少女コミックを原作に、土屋太鳳(21)が主演。2人で血のつながっていない兄妹役を演じる。

 14年にフジテレビ系ドラマ「GTO」に出演した以外、演技経験はないが、グループで圧倒的な存在感と人気を誇ることから抜てきされた。「一生懸命自分なりに向き合いたい」と意気込み。河合監督は「原作から出てきたような好青年。見た人に『この俳優は誰?』と言わせたい」と期待した。

 主演の土屋は、映画「青空エール」などヒット作が相次ぐ。正当派な役柄が目立つが、今作では告白12連敗中の恋愛体質な女の子・橘せとか役。人生初の“モテ期”に困惑しながら本当に好きな人を見つけようとする彼女と、取り巻くイケメンたちの物語だ。

 製作は同じく少女コミック原作で興収12億円超を記録した「黒崎くんの言いなりになんてならない」(主演・中島健人)のスタッフ。同作に出演した千葉雄大(27)も出演する。

最終更新:9月19日(月)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。