ここから本文です

春秋のグランプリホースが激突/オールカマーの見どころ

netkeiba.com 9/19(月) 10:36配信

 昨年の有馬記念を制したゴールドアクター、今年の宝塚記念で牡馬を破ったマリアライトが激突。順当にグランプリホース同士の争いとなるか、これに割って入る馬が現れるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■9/25(日) オールカマー(3歳上・GII・中山芝2200m)

 ゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎)は5連勝で挑んだ天皇賞・春で12着と惨敗。レース前からイレ込んでいた上、不利な大外枠とあっては仕方のない結果だったと言える。今回はそれ以来のレースとなるが、得意の中山でこの距離ならキッチリと巻き返してくれるはず。

 マリアライト(牝5、美浦・久保田貴士厩舎)は春の宝塚記念で2冠馬ドゥラメンテ、天皇賞馬キタサンブラック、前年の覇者ラブリーデイといった強豪牡馬を撃破。昨年の本レースでは5着だったが、それ以降の充実ぶりは目を見張るものがある。ゴールドアクターとの対戦成績は2戦して2敗も、今なら互角以上の争いが期待できる。

 その他、重賞4勝の実績があるサトノノブレス(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)、天皇賞・春2着のカレンミロティック(セ8、栗東・平田修厩舎)、ダービー馬ワンアンドオンリー(牡5、栗東・橋口慎介厩舎)、大崩れなく走っているツクバアズマオー(牡5、美浦・尾形充弘厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:9/19(月) 12:03

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ