ここから本文です

仮面女子メンバー「30万円整形」カミングアウトの真意

東スポWeb 9月19日(月)9時10分配信

 仮面女子の坂本舞菜(19)が14日深夜に放送されたテレビ東京系「マスカットナイト」で整形をカミングアウト。17日、当サイトに「30万円」発言の真意を語った。

 番組では8月に勃発した仮面女子と女性アイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」のダンスレッスン中に起きたガチバトルの模様を放送した。都内のスタジオで稽古をしようとした両グループがかち合ったのだ。最初は穏やかに事情を説明していたが、次第に語気が荒くなり、言い争いに発展。マスカッツメンバーの「仮面とれや」に応じた坂本に浴びせられたのは「お前、整形やろ」の罵声だった。坂本は「30万円かけて二重整形してんだよ!」と、まさかのカミングアウト。アイドル初の「整形発言」を放った坂本を直撃した。

 ――整形発言が反響を呼んだ

 坂本:仮面外したら、ツッコまれたので思わず言ってしまいました。

 ――整形を考えたきっかけ

 坂本:HKT48の指原莉乃さん(23)に憧れてアイドルになったんです。モノマネ番組にも出演させていただいているのですが、私が似ているのは声だけ。顔も近づきたいんです。

 ――それで二重になろうとした

 坂本:高校1年のときからアイプチをしていたんです。でも、夜と朝の手入れが大変でした。2年前からカウンセリングを受け、整形を考えるようになった。ブログでも整形願望を書いていました。

 ――手術はいつ受けた

 坂本:ずっと反対していた親が理解してくれるようになって、今年の2月に受けました。

 ――周囲の反応

 坂本:メンバーは翌日くらいに気づいて「いいね」と言ってくれました。ファンの方には「手術したでしょ」と指摘されましたが、そのときはごまかしてました。

 ――費用は

 坂本:手術自体は28万円ほど。他にいろいろかかってトータル30万円です。ムダなお金を使わないように教えられてきたので貯金がありましたが、この手術で底をつきました。人生で最大の出費です。

 ――効果は

 坂本:アイプチする手間がなくなったのと、「整形」を堂々と言えることですかね。

 ――今後、いじる可能性はある?

 坂本:ダイエットをしているので、脂肪吸引とか考えたことがあります。豊胸?そういうのは恥ずかしいし、今のまま(Bカップ)で十分です!

 ――アイドルとしての目標

 坂本:バラエティーで活躍して、指原さんに近づけるような存在になりたい。

最終更新:9月19日(月)9時14分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。