ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】「アロンソは偉大なドライビングだった。全メンバーの働きに『ブラボー!』」

TopNews 9月19日(月)5時8分配信

F1シンガポールGP決勝レース終了後、マクラーレン・ホンダのレーシングディレクター、エリック・ブーリエがコメントした。

●【レース動画】クラッシュ、オーバーテイク・・・熱く激しい戦い/F1シンガポールGPレースハイライト映像

■エリック・ブーリエ(マクラーレン・ホンダ レーシングディレクター)

「何より、今日はF1にとって良い日だった。シンガポールの壮観な照明の下で、2時間の激しいコンペティティブなレースが行われ、レースを愛する私たちからしたら、トップ2台の差が0.5秒以内だったという結果がそれを強調している。F1は今でも素晴らしいスポーツのままで、今日もまたかつてないほどエキサイティングだった。

マクラーレン・ホンダとしての観点からは、フェルナンドの力強いコンペティティブな走りによって7位に入賞し、6ポイントの世界選手権ポイントを獲得することができたのは満足している。

彼は力強いスタートを決めたし、印象的で一貫性のあるラップタイムを維持していた。いかなる基準でも偉大なドライビングだった。

ジェンソンについては、彼も素晴らしいスタートだったのだが、その素晴らしいスタートも、ニコ(ヒュルケンベルグ)のクラッシュを避けようとして、ウィリアムズのバルテリ(ボッタス)にフロントウイングが接触してしまったことで台無しになってしまった。誰のせいでもない。特に1周目は、レースでは連鎖反応は自然に起こってしまう。ジェンソンは、今晩のニコの事故を避けることはできなかったよ。

我々のレースチームにこの場で『ブラボー』と言いたい。ガレージにいる者、ピットウォールにいる者、そしてその裏にいるウォーキングのミッションコントロールにいる者、レースをこれほど効率的に管理してくれた全員に、本当によい仕事をしてくれたよ。

次は暑いシンガポールから、さらに暑いマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットへと旅をする。今日我々がレースをしたマリーナ・ベイ・サーキットとは大きく異なるレーストラックだ。低速でタイトなコーナーではなく、高速でワイドな大きなコーナーがある。しかし、我々はここと同じように再びポイント獲得のために加速していくだろう」

最終更新:9月19日(月)5時9分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]