ここから本文です

バデリの得点でフィオレンティーナが2連勝…その他結果/セリエA第4節

GOAL 9月19日(月)11時27分配信

セリエA第4節が18日に各地で行われた。

フィオレンティーナ対ローマは、1-0でホームのフィオレンティーナが勝利。実力者同士の対戦は、互いに得点を奪えず拮抗した試合展開となった。だが、そのまま引き分けるかと思われた82分、勝利の糸を手繰り寄せたのはフィオレンティーナだった。

相手のペナルティエリア付近でフィオレンティーナがパスを回し、最後はネナド・トモヴィッチがミラン・バデリに後ろに落とす。後方にいたバデリが思い切りの良いミドルシュートを放つと、ボールは低い弾道を描きながらネットに吸い込まれた。試合はそのまま先制点を奪ったフィオレンティーナが逃げ切った。なお、ローマは今季、初の黒星となり3位タイに付けている。

ウディネーゼは本拠地フリウーリでキエーヴォに1-2で敗北。キエーヴォのルーカス・カストロが1得点1アシストの活躍を見せている。また、カリアリは本拠地スタディオ・サンテーリアでアタランタを迎え、3-0と快勝。マルコ・ボリエッロが古巣相手に2得点を挙げる活躍を見せた。

昇格組のクロトーネは、ホームでパレルモと対戦。昨シーズンはサッスオーロに所属していたマルチェロ・トロッタが23分に得点を奪い、1-1で引き分けた。若武者の活躍でクラブ史上初となるセリエAでの勝点を手にしている。

その他、トリノ対エンポリは0-0のゴールレスドロー。この試合では、マンチェスター・シティから移籍してきたGKジョー・ハートが、本拠地スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノでデビューしクリーンシートを達成した。サッスオーロは、グレゴワール・デフレルとマッテオ・ポリターノが得点を奪い、ホームでジェノアを2-0と打ち破っている。

GOAL

最終更新:9月19日(月)11時27分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。