ここから本文です

【静岡知事会見抄録】浜松新球場シンポ、大学での開催に懸念

産経新聞 9月19日(月)7時55分配信

 【遠州灘野球場】

 川勝平太知事「19日に浜松市西区篠原地区への新野球場建設に反対する方が、静岡文化芸術大(同市中区)でシンポジウムを開催する。主催者が明確な主張を持っており、会場を提供する大学が特定の課題にくみしている印象を持たれないかと、元学長として非常に心配している。一方の主張を持っている方たちが主催者だということに政治色を感じる。集会の自由、表現の自由はあるが、大学をそのように活用するのはふさわしいとは思わない」

 --知事がこの場で発言することも、政治から大学への介入ととられかねないのではないか

 「ならないと思う。大変懸念しているだけだ」

 【東京五輪】

 --2020年東京五輪の自転車競技会場になる伊豆ベロドローム(伊豆市)の整備費用の負担についてどう考えるか

 「県と伊豆市を中心に県を挙げて誘致活動をした。それなのに大会組織委員会や東京都に『金を出せ』と言うのは恥ずかしい。できることをやる以外にない。ただ、伊豆ベロドロームは、(一般財団法人の)日本サイクルスポーツセンターが持っていて、税金投入はできない。その難しさがある。どのように県や市が関与できるのか、詰める段階に来た」

 --伊豆ベロドロームに対し県から財政支出をすべきということか

 「日本サイクルスポーツセンターの会計は(施設整備を)できる状態ではないし、県も一緒に誘致した。ただ、今の仕組みを変えないと、(施設整備を)一緒にはできない。皆でやっていく仕組みを考えなくてはいけない。あそこをサイクリストのメッカにすることが共通の認識であり、目標だ。これは希望だが、(県の)当初予算で組みたい」

 【ヤマハリゾートつま恋】

 --ヤマハリゾートつま恋(掛川市)の年内での営業終了が発表されたが、東京五輪の事前合宿誘致への影響は

 「本当に驚いた。(営業終了の)動きがあることも知らなかった。ただ、ヤマハは名のある立派な会社で責任ある会社だから、後継者も探しているに違いない。(東京五輪の)事前キャンプ誘致の重要な拠点であり、県の担当者がアーチェリーを誘致しようと施設の資料を持っていこうとしていたが、できなくなった。(誘致活動に)影響は出ている」(7日の定例会見)

最終更新:9月19日(月)7時55分

産経新聞