ここから本文です

糸瀬七葉さん“天使すぎる”12歳「ミス・ティーン・ジャパン」

スポーツ報知 9月19日(月)6時6分配信

 「ミス・ユニバース」の妹版コンテスト「ミス・ティーン・ジャパン」決勝大会が18日、都内で行われ、4046人の応募者の中から愛知県知多市出身の中学1年生・糸瀬七葉さん(12)が第6回グランプリに輝いた。史上最年少の受賞。

 幼稚園からピアノを習っている糸瀬さんは自己PRで、鍵盤を弾くジェスチャーをする“エア・ピアノ”をしながら合唱曲「あすという日が」をアカペラで披露。美声と堂々とした振る舞いで審査員をうならせた。応援アンバサダーの押切もえ(36)からティアラを贈られ、「まさか選ばれるとは思ってなかったので、うれしいです」と瞳を潤ませた。

 身長150・5センチと小柄だが「まだ伸びていくんじゃないかな。9頭身の菜々緒さんに憧れます」と将来はモデルと女優を志望。8月の中部大会でスタッフからアイドル・橋本環奈(17)に似ていると言われ、「環奈ちゃんほど天使じゃないけど、近づけるように頑張りたい」と“天使すぎる”笑顔を見せた。

 コンテストは17年4月1日時点で13~17歳の女の子が対象。糸瀬さんには賞金50万円とハワイ旅行(ペア)が贈られた。準グランプリは岐阜県の中3・小森澪菜(れいな)さん(15)、サマンサタバサ賞は大阪府の中2・時吉真子(ときよし・まこ)さん(14)が選ばれた。

【関連記事】

最終更新:9月19日(月)10時38分

スポーツ報知