ここから本文です

誰かを見殺しせんと、生きられんのか…「泣ける猫マンガ」が描く仕事

withnews 9月20日(火)7時0分配信

 「誰かを見殺しにせな 生きていかれんのか うちは…」。心で泣いている人や動物たちの話を、猫の遠藤平蔵が聞いてまわる、ツイッターで人気のマンガ「夜廻(まわ)り猫」。仕事帰りに、うつむきながら歩く歯科衛生士の女性を呼び止めました。「おまいさん、心で泣いておるな?」

【マンガ】「衛生士なんていくらでもおるで!」 深谷かほるさんが描く仕事・困窮・妥協…

職場の不正に憤り でも…仕事がなくなったら…

 とある街の歯科医院。

 そこで歯科衛生士として働く女性が、「銭湯代がなくなるから、歯が痛くても診察に来られなかった」と話す患者さんに出会います。

 患者さんを見送ったあと、医師が、やっていないはずの検査をカルテに書き込んでいるのに気づいて……。
 
 女性は不正に憤りながらも、「自分だって、仕事がなくなったら生きていけない」と悩みます。

 彼女の心の泣き声に気づいた、夜廻り猫は……。

自分なりの妥協点 築けているか

 作者の深谷かほるさんは、日々報道されるブラック企業の問題や、診療報酬の不正請求などのニュースをもとに、漫画を創作しました。

 また、普段から、自分をはじめとした多くの人が、ほかの人の困窮や苦悩を見て見ぬふりをしていて、「心に『自分なりの折り合い』を築くことすらやっていないなぁと、元々気になっていたことも取り込みました」と話しています。

【マンガ「夜廻り猫」】
 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
 泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
 そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
 遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。姑獲鳥(こかくちょう)に襲われ、けがをしていたところを遠藤たちが助けました。
 ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かほる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。昨年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始め、6月30日に単行本を発売。自身も愛猫家で、黒猫のマリとともに暮らす。

最終更新:9月20日(火)7時0分

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]