ここから本文です

米国で相次いだ3つの爆破・死傷事件 共通点と相違点、テロとの関連は?

THE PAGE 9/19(月) 19:15配信

 17日夜に米ニューヨークのマンハッタン中心部で発生した爆弾事件では、29人が重軽傷を負ったが、事件現場近くからは別の爆発物も発見され、隣接するニュージャージー州ではパイプ爆弾の爆発によってマラソン大会が中止に追い込まれた。この数日で相次ぐ事件とテロとの関連性はあるのだろうか?

【写真】米フロリダで無差別乱射 根深い銃問題とヘイトクライムの懸念

マンハッタンを襲った「意図的な爆発」

 ニューヨークの爆弾事件が発生したのは17日の午後8時半ごろ。マンハッタン中心部にあるチェルシー地区で、路上に設置された大型のゴミ容器が爆発した。爆発の衝撃と爆音は凄まじく、ハドソン川を越えたニュージャージー州ホボケンでも爆音に気付いた住民がいたのだという。爆発の発生したチェルシーでは29人が重軽傷を負い、近隣の医療施設に搬送されたが、死者は出ていない。

 爆発から間もなくして、事件現場からわずか4ブロック先で携帯電話が取り付けられた圧力鍋が発見され、警察によって回収された。爆発が発生した当初はガス漏れの可能性も指摘されたが、市消防局や警察は爆発が爆弾によるものとの見解を示し、ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長も「意図的な爆発」が発生したと語った。各国の首脳が国連総会でニューヨークに集まるのを意識してか、デブラシオ市長は「意図的な爆発」という表現に終始したが、捜査当局は防犯カメラの映像などから容疑者の特定と追跡を進めていた。

 ABCニュースとニューヨークデイリーニュース紙は現地時間の18日夜、複数の捜査関係者の話として、チェルシーで発生した爆破事件に関連した疑いで、5人の男をマンハッタンに隣接するブルックリンで逮捕したと報じた。この爆破事件の現場からから4ブロック離れた場所でも、圧力鍋に携帯電話が取り付けられた不審物が発見されている。警察の爆弾処理班によって回収が行われたが、周辺に設置された防犯カメラの映像によって、2か所で同一の不審人物が確認されていた。捜査当局はこの人物を「参考人」として、彼の行方を追っていることを明らかにしていたが、18日夜にブルックリンで逮捕された5人の中にその人物が含まれているのかは不明だ。

 チェルシーの爆破事件で使われたのは、圧力鍋を用いた手製爆弾とされ、圧力釜の中に殺傷能力を高める目的で大量の金属片が詰め込まれていたのだという。携帯電話は圧力釜にテープで張り付けられ、携帯電話につけられたコードが圧力鍋の中に入れられ、遠隔操作で起爆できる仕組みになっている。アメリカ国内で圧力鍋爆弾を使ったテロは2013年にボストンマラソンのゴール近くで発生しており、マラソンの応援に来ていた280人以上の観衆が死傷する大惨事となった。

 18日付のニューヨークタイムズ紙は、圧力鍋爆弾に携帯電話を取り付けて遠隔操作する手法は中東で頻繁に発生するテロではよくあるパターンであるが、アメリカでは非常に珍しいと指摘。携帯電話を用いた圧力鍋爆弾の製造や起爆方法は、イエメンのアルカイダ系組織などがウェブや出版物を使ってシンパに拡散してきたものの、アメリカ国内では前例がほとんどなかった。

 2010年にはマンハッタン中心部のタイムズスクエアに停車中の車に同様の圧力鍋爆弾が仕掛けられた事件が発生したが、爆弾は故障で実際に爆発することはなく、国外に逃亡しようとしていたパキスタン人の男が、JFK空港で逮捕されている。爆発物の専門家はニューヨークタイムズ紙の取材に対し、「アメリカでこれまでに発生してきた爆弾事件では、ほとんどのケースで黒色火薬や無煙火薬を用いたパイプ爆弾が使われており、今回の事件で使われたものは、仕掛け爆弾のハイエンド品になるだろう」と語っている。

1/2ページ

最終更新:9/19(月) 19:29

THE PAGE