ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「小県郡」

ITmedia LifeStyle 9月19日(月)6時10分配信

 所在地は長野県。長野県の中央部にある郡のことです。郡にしては小さく、人口1万人程度です。2016年のNHKドラマ「真田丸」の舞台としても記憶に新しいこの地域ですが、「しょうけんぐん」ではなく、「ちいさがたぐん」と読みます。天正12年(1584)7月、徳川家康が小県郡の国衆・室賀正武を使い、真田昌幸の暗殺を実行したといわれています。真田氏本城跡や真田氏歴史館など、その歴史に伴った建造物や博物館が今でも観光地として残されています。

【正解はこう読みます】

 ほかにも長野県ということもあり、スキーや温泉も有名で「ブランシュたかやまスキーリゾート」は毎年スキー客で賑わっています。歴史に触れながらの観光もいいですね。

最終更新:9月19日(月)6時10分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]