ここから本文です

ロズベルグ「最後にピットインしたら負けていた」

TopNews 9月19日(月)6時59分配信

メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたF1シンガポールGP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【レース動画】クラッシュ、オーバーテイク・・・熱く激しい戦い/F1シンガポールGPレースハイライト映像

■ニコ・ロズベルグ「最後にピットインしたら負けていたかも」
決勝/優勝

「素晴らしい週末だったよ! これまでシンガポールのサーキットではあまりいい結果を残せていなかった。だからこの勝利はすごく格別だし、ものすごく感激だよ。予選セッションはよかったし、今週末のスタートは完ぺきだった。そしていいスタートを決めることができ、レッドブルやフェラーリを後ろに従えておくことができた。昨年はどちらのチームも楽々と僕たちを打ち負かしていたけどね」

「終盤にダニエル(リカルド/レッドブル)が賢いタイミングでピットストップを行ったあとはちょっとばかり接戦になった。もし僕も同じようにピットストップしていたら彼の後ろでコースに戻っていただろうと思う。僕のインラップのときにはトラフィックにつかえてしまっていたからね。だから最善の選択としてコースにとどまろうと決めたんだ。それについてはチームにお礼を言うよ」

「昨年の失敗から学ぶことができたし、明らかにレッドブルに適したサーキットで勝利できたのは素晴らしいことだ。これは僕たちのエンジニアリンググループの競争力と強さを示すものだ。すでにマレーシア(10月2日決勝)を楽しみにしている。だけど、まずは今夜この勝利を祝うことにするよ!」

最終更新:9月19日(月)6時59分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。