ここから本文です

マラソンの道下が銀、岡村が銅=車いすラグビー、競泳中島3位〔パラリンピック〕

時事通信 9月19日(月)0時21分配信

 【リオデジャネイロ時事】リオデジャネイロ・パラリンピック最終日の18日は、陸上男女マラソン(視覚障害)が行われ、女子で道下美里(三井住友海上)が銀メダルを獲得した。近藤寛子(滋賀銀行)は5位。男子では岡村正広(RUNWEB)が3位に入り銅。堀越信司(NTT西日本)は4位、和田伸也(賀茂川パートナーズ)は5位だった。

 車いすラグビーの3位決定戦では、日本がカナダを52―50で破り、この競技で初のメダルとなる銅を獲得した。

 日本のメダルは銀10、銅14の計24個となった。閉会式は午後8時(日本時間19日午前8時)から行われる。

 第11日の17日には陸上男子走り幅跳び(切断など)の山本篤(スズキ浜松AC)が6メートル62で銀メダルを獲得した。競泳男子200メートル個人メドレー(知的障害)では中島啓智(千葉・中山学園高)が銅メダル。 

最終更新:9月19日(月)2時16分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。