ここから本文です

宇多田ヒカル、スタジオカラー制作「桜流し」新MVを1日限定公開

音楽ナタリー 9月19日(月)0時36分配信

宇多田ヒカル「桜流し」の新ミュージックビデオのフルサイズバージョンが、本日9月19日限定でYouTubeにて公開されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このMVは宇多田が9月28日にニューアルバム「Fantome」をリリースすることを記念して作られたもの。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズのアニメーションを手がけるスタジオカラーが制作を担当した。スタジオカラーの吉崎響監督はMVについて「じっくり聴いてもらいたい素晴らしい楽曲なので、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の世界観とあわせて楽しんでいただきたいです」とコメントしている。なお宇多田は本日12:00よりテレビ朝日系で放送される10時間特番「30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016」に出演し、「桜流し」を披露する。

さらにYouTubeおよび特設サイトでは、ファンから募集した写真や動画を使った「花束を君に」のミュージックビデオの第1弾を公開中。「桜流し」のMVとあわせてチェックしてみよう。

テレビ朝日系「30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016」
2016年9月19日(月・祝)12:00~21:48

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

最終更新:9月19日(月)0時36分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。