ここから本文です

野村敏京メジャー最高の8位、イーグルで見せ場

日刊スポーツ 9月19日(月)1時14分配信

<米女子ゴルフ:エビアン選手権>◇最終日◇18日◇フランス・エビアンリゾートGC(6482ヤード、パー71)◇賞金総額325万ドル(約3億2500万円)優勝賞金48万7500ドル(約4880万円)

 今季メジャー最終戦で野村敏京(23)が1イーグル、3バーディー、3ボギーの69で回り、通算9アンダーの275でメジャー初のトップ10となる8位に入った。

 雨が弱まった後半から猛チャージ。11番から3連続バーディーを奪うと、15番パー5では2オンに成功し、6メートルを沈めて今大会初のイーグルを決めた。「パットがもう少し入ってくれたら、楽に上位争いができた」と振り返ったが、通算アンダーパー、通算ストロークともメジャー自己最高の成績。「満足まではいかないけど、悪くない4日間。残りの試合が楽しみです。もう1回、優勝したいですね」と今後のアジアシリーズを見据えた。

 宮里美香(26=NTTぷらら)は3バーディー、5ボギーの73で回り、通算2アンダーの22位。苦しんだ今季メジャー5試合の中では最もいい成績で終えたが「悔しいのひと言に尽きます。ストレスがたまりました」と苦笑した。米ツアーのアジアシリーズが始まる前に帰国し、日本女子オープン(29日開幕、栃木・烏山城CC)に参戦する。「日本女子オープンで優勝争いをして、アジアシリーズに弾みをつけたい。ストレスを発散したい」と話した。

最終更新:9月19日(月)1時14分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]