ここから本文です

【パリモーターショー16】ポルシェ パナメーラ PHV新型、メーター周りは専用設計

レスポンス 9/19(月) 11:00配信

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェが9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開する『パナメーラ4 Eハイブリッド』。このプラグインハイブリッド車(PHV)のインテリアは、一部が専用設計されている。

画像:ポルシェ パナメーラ 4 Eハイブリッド

先に登場した新型『パナメーラ』に対して、パナメーラ4 E ハイブリッドでは、ハイブリッド専用のパワーメーターを装備した。ハイブリッド専用ディスプレイの直感的な操作は、スーパースポーツカーの『918スパイダー』に採用されているものに由来している。

パワーメーターは、現在使用している電気パワーやエネルギー回生の状況などを表示。パナメーラ4 Eハイブリッドはモーター駆動のみで発進するため、パワーメーターの情報の重要度は高いといえる。

一方、新型パナメーラ同様、パナメーラ4 Eハイブリッドにも、「ポルシェ アドバンストコックピット」を標準装備。アナログのレブカウンターの両側に2つの7インチディスプレイをレイアウト。よりインタラクティブなコックピットを形成した。

12.3インチのタッチスクリーンは、PCM(ポルシェ コミュニケーションマネージメント システム)の集中管理およびディスプレイユニットとして機能。ドライバーはダッシュボードにあるこのディスプレイでも、メータパネルでも、ハイブリッドシステムに関する様々な情報にアクセスできる。

ポルシェによると、ブーストアシスタントとハイブリッドアシスタントは実用的かつ有益という。ブーストアシスタントディスプレイは、ブーストに利用できるエネルギーを表示。ハイブリッドアシスタントは、電気走行のパワーに関連する様々な情報を、目に見える形で表示してくれる。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/19(月) 11:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。