ここから本文です

ポルシェ総合V!トヨタの可夢偉組は3位/自動車

サンケイスポーツ 9月19日(月)7時0分配信

 世界耐久選手権(WEC)第6戦決勝(17日=日本時間18日、米テキサス州オースティン・アメリカズサーキット=1周5・513キロ)6時間の決勝に4クラスから計31台が出場し、最高峰P1クラスに参戦しているベルンハルト/ウェバー/ハートリー組のポルシェ・919ハイブリッド1号車が186周を走行して総合優勝。3連勝で今季3勝目を挙げた。トヨタ・TS050ハイブリッドは小林可夢偉組の6号車が26秒096差の3位、中嶋一貴組の5号車は2周遅れの5位。次戦の第7戦は富士スピードウェイで行われる(10月16日決勝)。

最終更新:9月19日(月)7時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。