ここから本文です

陳副総統、宇宙飛行士・山崎さんと面会 航空宇宙政策への助言求める/台湾

中央社フォーカス台湾 9月19日(月)15時10分配信

(台北 19日 中央社)陳建仁副総統は19日、宇宙飛行士、山崎直子さんと総統府内で面会した。山崎さんは日本人女性として2人目の宇宙飛行士で、引退後は宇宙政策委員会委員のメンバーとして日本政府に助言を行っている。陳副総統は、滞在期間中、台湾の航空・宇宙政策に対してもアドバイスしてもらえればと要望した。

陳副総統は台湾の航空宇宙産業について、高解像度地球観測衛星「福衛1号」から「福衛5号」までの発展に触れ、台湾が人工衛星の打ち上げにおいて存在感を示していることに言及。さらに、素粒子物理学者サミュエル・ティン(丁肇中)中央研究院研究員が中心となって研究したアルファ磁気分光器が国際宇宙ステーションに搭載されていることなどを例に挙げ、宇宙開発に対する台湾の精密機械産業の貢献を説明した。

また、山崎さんがこれまで行ってきた子育てと宇宙飛行士の訓練の両立は容易でないと話し、多くの若者が見習うべき対象だと称賛した。

(呂欣ケイ/編集:名切千絵)

最終更新:9月19日(月)15時10分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。