ここから本文です

〔台風16号〕まもなく鹿児島県に上陸か 宮崎県では1時間110mmの雨を観測(9/20)

レスキューナウニュース 9月19日(月)17時30分配信

19日23:00現在、非常に強い台風16号は佐多岬の西南西約40kmの海上を1時間に約30kmの速さで東北東へ進んでおり、まもなく鹿児島県の大隅半島に最接近し、上陸するおそれがあります。
台風の接近に伴い前線の活動が活発となり、前線の停滞する西日本や東日本では非常に激しい雨が降っているほか、局地的には猛烈な雨となっている所があり、宮崎県高鍋町では19日19:12までの1時間に110.0mmの雨を観測しました。
台風はあす20日に西日本や東日本の太平洋側を進み、あさって21日には日本の東で温帯低気圧に変わる見込みですが、引き続き西日本から東日本にかけて大雨のおそれがあります。暴風、うねりを伴った高波、大雨、高潮、土砂災害、低地の浸水、河川の増水やはん濫に厳重な警戒が必要です。

◆用語解説「猛烈な雨」
1時間80mm以上の雨、息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じるような状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。大規模災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

■防災気象情報
【土砂災害警戒情報】
<熊本県>
・産山村(20日00:00)
<大分県>
・佐伯市、豊後大野市(19日23:20)
<宮崎県>
・宮崎市、延岡市、日向市、西都市、国富町、高鍋町、新富町、木城町、都農町、門川町、美郷町(19日23:10)

【記録的短時間大雨情報】
<愛知県>
・約110mm:岡崎市東地区付近(~19日17:00)
・ 103mm:岡崎市木下町(~19日17:00)

【竜巻注意情報】
・鹿児島県(奄美地方を除く):20日01:00まで有効

■気象概況
【1時間雨量】
・宮崎県  高鍋    110.0mm(~19日19:12)≪史上1位≫
・宮崎県  日向     72.5mm(~19日22:15)
・宮崎県  西都     72.0mm(~19日21:22)<9月1位>
・静岡県  富士     70.0mm(~19日16:25)<9月1位>
・宮崎県  宮崎     59.5mm(~19日18:18)
・宮崎県  都農     54.0mm(~19日19:35)
・宮崎県  野尻     51.0mm(~19日18:14)
・奈良県  田原本    50.5mm(~19日12:32)<9月1位>
・鹿児島県 鹿屋     50.0mm(~19日16:24)

【24時間雨量】
・宮崎県  西都    246.0mm(~19日22:20)
・宮崎県  日向    240.0mm(~19日22:20)
・高知県  田野    235.0mm(~19日03:00)

【72時間雨量】
・佐賀県  嬉野    288.0mm(~19日22:20)
・宮崎県  日向    269.0mm(~19日22:20)
・宮崎県  宮崎    265.0mm(~19日22:20)
・佐賀県  白石    261.0mm(~19日22:20)
・宮崎県  西都    255.5mm(~19日22:20)
・鹿児島県 中甑    252.0mm(~19日22:20)
・高知県  田野    251.5mm(~19日22:20)
・宮崎県  串間    250.5mm(~19日22:20)

【日最大瞬間風速】
・鹿児島県 枕崎    33.7m/s 東北東 (19日22:12)

■今後の見通し
<大雨>
【予想24時間雨量】
(20日00:00~21日00:00/多い所)
・300mm 四国地方、近畿地方
・250mm 九州南部、九州北部地方、東海地方
・200mm 伊豆諸島
・180mm 北陸地方
・150mm 中国地方
・120mm 関東甲信地方

(21日00:00~22日00:00/多い所)
・100~200mm 東海地方
・100~150mm 北陸地方、伊豆諸島
・ 50~100mm 関東甲信地方、東北地方

<暴風>
【最大瞬間風速】(~20日)
・60m/s 九州南部
・45m/s 四国地方
・35m/s 奄美地方、九州北部地方、近畿地方
・30m/s 東海地方

<高波>
(~20日)
・9m 九州南部
・7m 四国地方、近畿地方
・6m 奄美地方、九州北部地方、東海地方

■防災事項
・厳重警戒:暴風、うねりを伴った高波、大雨、高潮、土砂災害、低地の浸水、河川の増水やはん濫
・注意  :落雷、竜巻などの激しい突風

レスキューナウ

最終更新:9月20日(火)0時10分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。