ここから本文です

F1=シンガポールGP、ロズベルクが今季8勝目で総合首位に

ロイター 9月19日(月)11時20分配信

[シンガポール 18日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第15戦、シンガポール・グランプリ(GP)は18日に決勝を行い、ニコ・ロズベルク(ドイツ、メルセデス)が自身200戦目のレースで今季8勝目を挙げ、3位だったルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)をかわして個人総合首位に立った。

レースはスタート直後にニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ、フォースインディア・メルセデス)がクラッシュし、1周目からセーフティーカーが導入される波乱の幕開けとなったが、ポールポジション(PP)のロズベルクはトップで周回を重ねた。

ロズベルクは終盤にダニエル・リカルド(オーストラリア、レッドブル・タグ・ホイヤー)の追い上げを受けたが逃げ切り、シンガポールGP初優勝。リカルドはロズベルクと0.488秒差の2位でフィニッシュした。

ロズベルクは通算22回目の勝利により個人総合で273ポイントに伸ばし、265のハミルトンをかわした。

最終更新:9月19日(月)11時20分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]