ここから本文です

田中 レイズ戦に向けブルペンで20球

東スポWeb 9/19(月) 11:27配信

【マサチューセッツ州ボストン18日(日本時間19日)発】ヤンキースの田中将大投手(27)は、次回先発予定の21日(同22日)のレイズ戦に向けブルペンで20球を投げ調整した。前日の時点で、防御率2・97でア・リーグトップの田中だが、チームのア・リーグ東地区優勝はもはや絶望的だ。同地区首位のレッドソックスに4ゲーム差と迫り臨んだ敵地での4連戦も、チーム力の差をまざまざと見せつけられ3連敗。一気に7ゲーム差となった。ワイルドカードでのプレーオフ進出の可能性も残されてはいるが、前日の試合でエルズベリー、カストロと主力野手が相次いで負傷。地元ニューヨークでは「(2人の負傷は)ヤンキースのプレーオフ進出へのわずかな望みにも衝撃を与えた」との報じたメディアもあった。

 個人タイトルが注目されるのは田中の本意ではないだろうが、どんな状況であれ、やることは変わらない。可能性を信じ、チームに貢献することだけだ。

最終更新:9/19(月) 11:27

東スポWeb