ここから本文です

メリッサ・マッカーシー、コメディドラマをプロデュース

映画.com 9月19日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 映画「ゴーストバスターズ」が日本公開中の人気コメディ女優メリッサ・マッカーシーが、米FOXのコメディドラマをプロデュースすることがわかった。マッカーシーと夫で俳優・監督のベン・ファルコーンが制作総指揮を務める。

 米バラエティによれば、新ドラマは1話30分でタイトルは未定。順風満帆な暮らしを送っていた男性が、別居中の姉/妹とその子ども2人と同居生活をスタートさせるというファミリーコメディのようだ。マッカーシー主演映画「Spy」「デンジャラス・バディ」「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」などに端役で出演していたジム・キャッシュマンとミッチ・シルパが共同プロデュースを手がける。

 マッカーシー&ファルコーン夫妻は現在、新作コメディ映画「Life of the Party(原題)」を撮影中だ。同作は、夫妻が脚本を執筆した作品で、プロットの詳細は不明だがロドニー・デンジャーフィールド主演の1986年の映画「バック・トゥ・スクール」のような作品だと言われている。ファルコーン監督、マッカーシー主演で、2018年5月11日全米公開の予定。

最終更新:9月19日(月)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。