ここから本文です

【ハーレー ウルトラリミテッド 試乗】王者の走りに磨きをかけた…青木タカオ

レスポンス 9/19(月) 12:30配信

アメリカ・タコマ(ワシントン州)にて開催されたハーレーダビッドソンのメディア向け試乗会で、話題のニューエンジン『Milwaukee Eight(ミルウォーキーエイト)』を心臓部に持つ2017年式『ウルトラリミテッド』に乗ることができた。

[関連写真]

美しいワインディングが続くオリンピックナショナルパークをメインに、2日間400マイル(約640km)のテストライド。山岳路、ハイウェイ、市街地で、ミルウォーキーエイトエンジン搭載車の乗り味を確かめてきた。

見る者を圧倒するフラッグシップモデルに相応しいウルトラリミテッドの堂々としたスタイリングは相変わらずだが、車体サイズは従来とほとんど変わっていない。実車を目の当たりにするまでは、ニューエンジンの採用によって車体が大きくなるのではないかと懸念していたが、その心配は無用だった。

カタログ値のシート高は740mmで従来モデルと変わらないが、実際に乗ってみると足着き性が良くなっていて、これはプライマリーチェーンケース本体とカバーが薄くなっていることによるもの。それでも車両重量412kgと重量級のウルトラリミテッド。「取り回しが不安」という人のためにロー仕様もラインナップされ、こちらはシート高675mmと、65mmほどシートを下げている。

肝心のミルウォーキーエイトエンジンは、Vツインエンジンらしい鼓動感に満ちあふれ気持ちがいい。ウルトラリミテッドには、ボア×ストローク100×111.1mm、1,745cc(107キュービックインチ)の排気量を持ち、シリンダーヘッドの排気バルブまわりに冷却のためのウォーターラインを設けた『ツインクールド・ミルウォーキーエイト107』が採用された。

2つのラジエターがライダーの足もとをガードする左右のロワーフェアリングに収まっており、見た目は従来の美しい空冷エンジンとしながら熱問題を解消している。

熱対策には万全を期しており、ミルウォーキーエイト導入車はリアシリンダーからのエキゾーストパイプをライダーの股下から遠ざけるように内側へ寄せ、さらに足を地面に出したときに熱を感じないよう排気管のキャタライザーをマフラーエンドに移設した。

途中、ひどい渋滞にハマったが、たしかに長年ライダーを悩ませたハーレー・ビッグツイン特有の熱をほとんど感じることがなかった。

ひと目でハーレーダビッドソンとわかる大柄で特徴的な『バットウイングフェアリング』を持ち、「King of Highway」とも呼ばれるハーレーの最上級モデル。1.7リッター超のパワフルなエンジンを獲得し、ますますプレミアム感を増している。



■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★
コンフォート:★★★★★
足着き:★★★
オススメ度:★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のバイクカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説。現在、多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク関連著書もある。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:9/19(月) 12:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。