ここから本文です

フェルスタッペン「スタート大失敗。クビアトとはハードに戦った」

TopNews 9月19日(月)9時54分配信

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたF1シンガポールGP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【レース動画】クラッシュ、オーバーテイク・・・熱く激しい戦い/F1シンガポールGPレースハイライト映像

■マックス・フェルスタッペン「これからはスタートが課題に」
決勝/6位

「スタートがまずかった。モンツァ(イタリアGP)のときほど悪くはなかったんだ。だけどよくはなかったし、それが残念だよ。すごくホイールスピンさせてしまったんだけど、そうしたら前でヒュルケンベルグがスピンしていたんだ。僕はブレーキをかけるしかなかったし、それで僕のスタートが台無しになってしまったよ」

「僕は前を走る遅いクルマにつかえてしまったし、3周か4周したらアドバンテージも失われてしまい、タイヤも完全にダメになってしまった。僕は何度かかなりの接近戦をやったし、それは楽しめた。だけどここで追い抜くのは難しいんだ。だからそこでつかえてしまうことになる。ダニ(ダニール・クビアト/トロロッソ)と僕はかなりハードに戦ったよ。だけど僕たちは接触しなかったし、それはいいことだよ」

「僕は追い抜くのが好きだけど、いい順位を目指しての戦いではなかったからそれほど楽しくはなかったね。マレーシア(10月2日決勝)ではもっとうまくやらないとね。だけどまずは望むようなスタートができるよう集中していかないとならないよ」

最終更新:9月19日(月)9時54分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]