ここから本文です

衝撃作『怒り』、謎解きのカギはモンタージュ写真にアリ!?

シネマトゥデイ 9/19(月) 7:00配信

 『悪人』の原作者・吉田修一&李相日監督コンビによるオールスター映画『怒り』に登場する犯人のモンタージュ写真に、驚くべき仕掛けが施されていることが明らかになった。

【写真】『怒り』で7キロ増量した宮崎あおい

 本作は、真夏の八王子で起きた夫婦殺人事件の真相を巡るミステリー。東京、千葉、沖縄の3つの土地にそれぞれ現れる前歴不詳の3人の男ーー大西直人(綾野剛)、田代哲也(松山ケンイチ)、田中信吾(森山未來)と、彼らと接触する人々の愛憎劇が展開する。本作で、映画ならではのトリックとして用意されているのが犯人の「モンタージュ写真」。李監督いわく一つではなく複数用意されているのだという。

 そもそも、これを見せるか見せまいかというところから始まったそうだが、李監督はスタッフと話し合いを重ねた結果、「ミステリーとして弱くなってしまう」ことを懸念し、見せることを選んだ。さらに、どのように見せるのかを考えたときに、前歴不詳の3人の男を「疑ってしまう人たちの心の中にミステリーがある」との観点に立ち、東京に住む優馬(妻夫木聡)には直人に、千葉に暮らす愛子(宮崎あおい)には哲也に見える、といった心理に基づいてモンタージュ写真を作成することを決意。結果、シーンに応じてさまざまな形で微細な調整が施された、複数バージョンの“顔”を用意した。

 原作者の吉田が脚本を手掛けた『悪人』とは異なり、『怒り』では脚本も兼任した李監督。果たして、夫婦を殺害した犯人は誰なのか……? 衝撃的な結末からディテールにいたるまで、李監督の映画的解釈&アレンジが功を奏しており、繰り返し観ることで新たな発見が得られる実に巧妙な力作となっている。(編集部・石井百合子)

映画『怒り』は全国東宝系にて上映中

最終更新:9/19(月) 7:00

シネマトゥデイ