ここから本文です

台風で漂着の流木を違法採取=男4人を送検/台湾

中央社フォーカス台湾 9/19(月) 16:27配信

(花蓮 19日 中央社)警政署保安警察第7総隊第9大隊は17日、16日午後に花蓮県寿豊郷内の河原で流木を違法採取していた男4人を摘発し、送検したと発表した。

台風14号と16号が相次いで接近した影響で、花蓮県内の河原には多くの流木が打ち上げられている。男らは自動車2台や工具を使って採取していたところを、目撃した市民の通報によって駆けつけた警察に取り押さえられた。

林務局花蓮林区管理処は、自然災害後に国有林区域から流れた木をみだりに採取することは森林法で禁じられていると注意を呼びかける。場合によっては最高7年の懲役と300万台湾元の罰金が科せられる可能性があるとしている。

(李先鳳/編集:齊藤啓介)

最終更新:9/19(月) 16:27

中央社フォーカス台湾