ここから本文です

【TGS2016】新侵略宇宙人の正体はまさかのアイツ!『地球防衛軍5』ステージイベントレポ

インサイド 9月19日(月)19時30分配信

幕張メッセにて開催された「東京ゲームショウ2016」。一般公開最終日となる9月18日、D3パブリッシャーブースにて『地球防衛軍5』のステージイベントが開催されました。

【関連画像】

今ステージイベント、もともとのスケジュールは『しあわせ荘の管理人さん。』のイベントの予定でしたが、前日やりすぎてしまったために運営側からストップがかかり機材の故障により、急遽『地球防衛軍5』のイベントに切り替わっています。


ステージには、『地球防衛軍5』のプロデューサーを務める岡島信幸氏が登場。今作では世界観はリセットされ(1と2、3と4は同一世界観)、新たなファーストコンタクトが描かれます。現在明らかにされている兵科は「レンジャー」と「ウイングダイバー」の2種。他の兵科については続報を待てと岡島氏。新たなアクションとして、レンジャーはダッシュできるようになっています。


『地球防衛軍5』の敵は「異星文明イミグラント」と呼ばれる宇宙人。手先として地球を攻撃するのは毎度おなじみの「巨大アリ」で、黒の巨大アリは「侵略生物α」、巨大クモは「侵略生物β」、赤アリは「侵略生物αの赤色種」と呼称されます。


今作では「テレポーション・アンカー」と呼ばれるタワー型の転送装置が登場。地上に刺さった「テレポーテーション・アンカー」から巨大生物が大量に湧き出てくることになります。シリーズお馴染みの巨大生物を投下する巨大輸送型UFO「テレポーション・シップ」ももちろん登場。通常のUFOは「バトルドローン」と呼称されEDFの前に立ちふさがります。


今作の最大の特徴となるのは、巨大知的生命体『コロニスト』。揚陸艇「ランディング・シップ」から出撃してくる彼らは、巨大な体に高い知性をあわせ持っており、複数で戦術的にEDFを襲ってきます。


そして今ステージに設置されていた巨大な立体物。今作の最大のネタバレと岡島氏が語るこの物体の正体は......




あまりにも有名な「グレイ型宇宙人」!今作で「コスモノーツ」と呼称される彼らは「コロニスト」よりも上位の知的生命体で、さらに高度な知能を持っています。そんな巨大で賢い彼らにEDFは一体どうやって抵抗するのでしょうか。トレーラーにはEDFの巨大ロボのようなものが映っていましたが......?


ここで岡島氏がTGS2016で展示している、巨大怪獣「エルギヌス」と戦えるデモを披露。今デモでは、東宝特撮でおなじみの「メーサー殺獣光線車」に似た「EMS」という新巨大兵器が登場しています。


EMS部隊とともにエルギヌスを倒すEDFですが、まさかに第2の怪獣が登場。回転しナパーム爆弾のようなものをまき散らす全く新しい怪獣は、岡島氏が操作するEDF隊員をフルボッコにしてデモンストレーションは終了しました。


さらにアツく強い敵が登場する今作、「人類よ、運命に抗え」のキャッチコピーが表すように、人類に必要なのは「根性」と「忍耐力」と「収集力」だと力説する岡島氏。勝利のカギは地面に落ちています。『地球防衛軍5』はPS4にて2017年発売予定です

最終更新:9月19日(月)19時30分

インサイド