ここから本文です

堂本剛が実写版「銀魂」で高杉晋助役、三味線にも挑戦するも福田監督がムチャぶり

音楽ナタリー 9/19(月) 5:00配信

2017年に公開される実写映画「銀魂」で、堂本剛(KinKi Kids)が高杉晋助を演じることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「銀魂」の高杉は、攘夷過激派武装集団・鬼兵隊を率いる人物であり、小栗旬が演じる坂田銀時のライバルの1人。堂本は今回の配役について「監督に『堂本剛に悪役を演じさせたい』と言われ、キザでクールな高杉と僕のギャップをどう埋めてプラスにするのか監督と話し合いを重ねる内に、出演が決まっていました。人気キャラを演じる重圧に耐えながら撮影に臨みました」とコメントしている。また劇中では三味線を弾くシーンやアクションにも挑戦しており「座って練習していたところ、監督から撮影二日前に『立って弾いてほしい』と言われて本当無茶振りばかりで……」「殺陣は10代ぶりでしたし、何せ小栗くんは背が高いので大変でした」と撮影を振り返っている。なお映画の監督を務める福田雄一と堂本は、ドラマ「33分探偵」「天魔さんがゆく」など、さまざまな作品でタッグを組んでいる。

このほか岡田似蔵を新井浩文、武市変平太を佐藤二朗、来島また子を菜々緒、村田鉄矢を安田顕、村田鉄子を早見あかりが演じることが発表された。

最終更新:9/19(月) 5:00

音楽ナタリー