ここから本文です

100歳でも安心のステージ さくらの公民館に手すり付きコーラス台

産経新聞 9月19日(月)7時55分配信

 さくら市桜野の氏家公民館では、高齢者が安全にステージ上で合唱などを披露するための手すり付きのコーラス台を設置した。100歳の高齢者でもステージに立てるようにと、「100歳ステージ」と名付けられている。

 ステージの横や後ろに手すりが設けられていて、利用者には「安心できる」と好評だ。100人が立てるよう設計されている。同公民館の橘川恵介館長は「このステージを市民の方々に活用してもらいたい。いくつになってもみんなで一緒に歌ってほしい」と話す。

 ステージでは、高齢女性を中心とした「うたって元気くらぶ」がコンサートに向けて合唱の練習をしていた。同市の無職、増渕美智子さん(86)は「このステージはすごく立ちやすい。この年でもステージに立てて幸せ」と笑顔で話した。メンバーには90歳以上の女性もいるといい、コーラスの練習にもますます熱が入りそうだ。

最終更新:9月19日(月)7時55分

産経新聞