ここから本文です

〔台風16号〕宮崎県日向市・都農町で「数十年に一度の大雨」 土砂災害・浸水などに厳重警戒(9/19)

レスキューナウニュース 9月19日(月)23時30分配信

台風16号の接近に伴い、宮崎県では所によって1時間雨量が100mmを超える猛烈な雨が降るなど降り始めからの総雨量が多くなっており、19日23:02、宮崎地方気象台は「日向市、都農町では、数十年に一度の大雨となっている所があります」とする情報を発表しました。
これから台風本体の雨雲がかかることから、宮崎県ではあす20日明け方にかけて1時間雨量が80mmを超える猛烈な雨が降る見込みです。土砂災害に厳重に警戒し、低地の浸水、河川のはん濫などに警戒してください。

■防災気象情報
【土砂災害警戒情報】
・宮崎県 :宮崎市、延岡市、日向市、西都市、国富町、高鍋町、新富町、木城町、都農町、門川町、美郷町(19日23:10)

■気象概況
【1時間雨量】(19日)
・宮崎県  高鍋    110.0mm(~19日19:12)≪史上1位≫
・宮崎県  日向     72.5mm(~19日22:15)
・宮崎県  西都     72.0mm(~19日21:22)<9月1位>
・宮崎県  宮崎     59.5mm(~19日18:18)
・宮崎県  都農     54.0mm(~19日19:35)

◆用語解説
「猛烈な雨」
・1時間80mm以上の雨、息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じるような状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。大規模災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

「土砂災害警戒情報」
・大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく早期避難を。

レスキューナウ

最終更新:9月19日(月)23時30分

レスキューナウニュース