ここから本文です

スパイク・リー初!『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』ドラマシリーズ化

シネマトゥデイ 9/19(月) 9:50配信

 映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』『マルコムX』などのスパイク・リー監督作『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』(1986)を、米Netflixがドラマシリーズ化すると公式サイトで発表した。

【写真】スパイク・リー監督作『オールド・ボーイ』

 12日間で撮影されたオリジナル版のストーリーは、ブルックリン在住の黒人女性ノーラが、仕事、友人、そして3人の恋人の狭間で葛藤しながら人生を過ごしていくというもの。ドラマ版ではリー監督が自らクリエイターを務め、製作総指揮だけでなく全てのエピソードでメガホンを取るようだ。さらにリー監督の妻トーニャ・ルイスがプロデューサーとしても参加する。

 これがリー監督初のドラマシリーズ作品となり、第1シーズンは10話で構成される予定。ちなみに、先月でオリジナル版の公開から30周年を迎え、その1か月後にドラマ化が発表された。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

最終更新:9/19(月) 9:50

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]