ここから本文です

<真田丸>片岡愛之助が“超高速”関ケ原に「残念」 草刈正雄と上田でトークショー

まんたんウェブ 9/19(月) 19:01配信

 NHK大河ドラマ「真田丸」で真田昌幸を演じる草刈正雄さんと大谷吉継役の片岡愛之助さんが18日、真田家ゆかりの地・長野県上田市の丸子文化会館セレスホールで行われたイベント「大河ドラマ『真田丸』 大文化祭」に登場した。草刈さんは昌幸について「こんな大役をいただき、ありがたかったです。間違いなく、これまで出演してきた中でナンバーワンの作品です」と語った。また、愛之助さんは「関ケ原のロケを楽しみにしていたのですが、ロケがなく残念でした」と少し寂しそうな様子で話し、「和気あいあいと、撮影の合間にも出演者が楽屋に戻らず雑談をしているような、楽しい作品でした」と撮影を振り返った。

【写真特集】浅利陽介が小早川秀秋役を語る 「裏切るつもりは…」

 イベントでは、昌幸と吉継の最期を惜しむ上田市民の声を集めたVTRも紹介。“昌幸ロス”というコメントを見た草刈さんは「よくドラマを見ていてくださってうれしい。役者冥利に尽きます」と感慨深げ。「刑部(吉継)様死なないで!」と女性からコメントを送られた愛之助さんは「残念ですけれど台本に討ち死にって書いてあるんです」と語り、ファンの笑いを誘った。

 また、愛之助さんは「大坂の陣を描いた『難波戦記』という歌舞伎の演目をやりたいと思っています。一度あきらめてしまったけど、『真田丸』をきっかけにまたやってみたくなった」とコメント。草刈さんは「真田丸」の今後の見どころについて「信繁(堺雅人さん)がヒゲをたくわえ、昌幸の着ていた毛皮も着るらしいです」と語った。

 「真田丸」は、堺さんが真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。放送はNHK総合で毎週日曜午後8時ほか。

最終更新:9/19(月) 19:01

まんたんウェブ