ここから本文です

マー君22日レイズ戦へ20球調整 上原と談笑も

日刊スポーツ 9月19日(月)7時56分配信

 ヤンキース田中将大投手(27)が18日(日本時間19日)、次回21日(同22日)のレイズ戦登板に向け、フェンウェイパークのブルペンで投球練習を行った。

 ロスチャイルド投手コーチが左右の打席に入り、セットポジションも含めて計20球を投げた。ブルペンに入る前には、ライト側の外野フィールドで練習中のレッドソックス上原浩治投手(41)に声をかけ数分間談笑した。

 次回が31試合目の登板になる田中は、ここまで13勝4敗、防御率はア・リーグ唯一の2点台で2・97。次はメジャー自己最多タイの14勝目をかけての登板となる。

 チームはプレーオフ進出が厳しい状況だが、ジラルディ監督は「我々はまだ戦い続ける。信じることが必要だ」と話した。

最終更新:9月19日(月)8時43分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]