ここから本文です

仏政府、大企業の予定納税拡大を検討=現地紙

ロイター 9月19日(月)12時9分配信

[パリ 16日 ロイター] - フランス政府が2017年の大企業の予定納税額を増やす計画であることが16日、分かった。レゼコーなど仏紙2紙が報じた。この動きに対しては、経営者団体から批判が出ている。

売上高が2億5000万ユーロを超える企業からの予定納税の徴税が増えることで、仏政府は2017年に1年前倒しで4億ユーロの歳入を計上できるという。

また、一部預金口座について銀行が事前に納める税金を増やすことで、さらに4億ドルの歳入増を確保できる可能性があるという。

17年予算は今月末に発表される。

仏財務省はこの件に関するコメントを拒否した。

最終更新:9月19日(月)12時9分

ロイター