ここから本文です

「金九銀十」(9-10月繁忙期)入りした中国自動車市場、SUV頼みから脱却か

ZUU online 9月19日(月)10時10分配信

中国人は収穫期で気持ちの高揚する秋を昔から「金九銀十」と表現してきた。これは現代にも受け継がれ、夏休みが終わって購買意欲の高まる9月10月、商売繁盛を期待するフレーズとして使われる。自動車業界も売上構成比の低い7~8月が終わり、勝負の「金九銀十」入りした。

2016年8月の売上は、207万1000台、同規模前年比は△24.22%、1~8月までの累計では1675万5000台、同規模前年比は11.43%である。この勢いで“収穫期"を乗り切ることができるだろうか。

■民族系はSUVから多元化へ

1~8月の民族系自動車メーカー(自主品牌)の売上は前年比△16.0%と全体の伸びを大きく上回った。この状況を新聞では、依然として“進撃の路を継続"と表現している。しかし秋商戦では、商品内容が多元化する。SUVの影が薄れ、伝統的小型車や電気自動車が勢力を拡大する、としている。

SUVの伸びは、民族系メーカーの伸びをはるかに上回る。8月は△43.9%、1~8月の累計でも△44.7%とすさまじい勢いだ。車種別シェアは30%を超えている。

しかしこのような状態が長続きするはずはなく、売上は早晩下降する。多元化するのは理の当然であり、民族系メーカーは真っ先にSUV偏重から脱却し、品質の向上とともに、従来型小型車や電気自動車に力を入れるべきだ、というのが記事の主張である。

■小型車、電気自動車が注目

それにこたえる車が9月に相次いで発売された。

9月12日、スマート似の小型電気自動車「知豆D2S」が発売された。前モデルのバージョンアップ版だが、5万6800元という破格の安さで提供される、民族系小型電気自動車のエースだ。モーターと電池は8年または12万キロ保障、最高速度100キロ、連続走行距離は180キロ、という。“知豆"は2012年より山東省で生産を開始した国策ブランドだ。そのため国家機関、地方政府、国有企業からの購入が見込める強みがある。

また上汽通用五菱は9月8日、2010年に立ち上げた自主品牌“宝駿"ブランドから、宝駿310を発売している。1.2L自然吸気エンジンの小型車だが、これも3万6800元~4万9800元と破格である。それでも中国人がやたらに好む電動サンルーフやクルーズコントロール、バックカメラなども装備できる。最初からフォルクスワーゲンに“迎合した"デザインというのはいただけないが、初めて車を購入する若者層へのアピールは強力だろう、と評されている。

■外資系はSUV頼み?

これに対して外資系は相変わらずSUV頼みだというストーリーにしたいらしい。

9月7日鄭州日産東風は、11月発売の1,4L~2.0L級SUV「MX5」の予約販売を開始した。子供2人家庭の増加が予想される中、全長4720mmとし、同クラスの中で最大級の室内空間を確保した。さらに小型のSUV、SX6も近日発売予定だ。

しかしこれは民族系も同様で、国有の北汽集団は新しい小型SUV、BJ20を投入している。価格はリーズナブルだ。

筋書きには多少の無理を感じるが、現在の市場動向の一面には間違いない。秋商戦にはSUV、伝統車、電気自動車とも低価格車が大量投入された。自動車業界の金九銀十は、数量的にはまずまずの結果を得るのではないだろうか。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

最終更新:9月19日(月)10時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]