ここから本文です

島田髷まつり 手踊り披露

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月19日(月)8時5分配信

 「第59回島田髷(まげ)まつり」(同実行委員会主催)が18日、島田市内で開かれた。つややかに髪を結い上げた髷娘がそろいの浴衣姿で手踊りを披露し、日本髪の文化を伝えた。

 髷娘約80人が「やっこ島田」や「つぶし島田」など約30種類の日本髪に鮮やかなかんざしを挿して登場。同市大井町の大井神社宮美殿前で、「島田髷小唄」や「島田ばやし」など4曲を踊った。特設ステージでは、地元の子どもたちが髷娘の姿で長唄三味線を演奏し、大勢の市民や写真愛好家を楽しませた。市内を練り歩く「髷道中」は雨天のため中止となった。髷娘たちは島田髷を考案したとされる虎御前の菩提(ぼだい)寺「鵜田寺」(同市野田)にバスで移動し、踊りを奉納した。

 手踊りと三味線演奏に参加した児童(島田第二小2年)は「緊張せずにうまくできて、楽しかった」と話した。

静岡新聞社

最終更新:9月19日(月)8時5分

@S[アットエス] by 静岡新聞