ここから本文です

マンU、公式戦3連敗 早くもマンCと勝ち点6差に/プレミア

ISM 9月19日(月)8時52分配信

 イングランド・プレミアリーグは現地時間18日に4試合が行なわれ、マンチェスターUが敵地でワトフォードに1対3と敗れ、公式戦3連敗を喫した。

 前週にマンチェスターCとのダービーマッチに敗れ、ミッドウィークのヨーロッパリーグ・フェイエノールト(オランダ)戦も落としたマンU。アウェイに赴いたこの日も34分にカプエのゴールで先制される苦しい展開に。それでも62分に今季初先発のラッシュフォードが決めて試合を振り出しに戻す。

 しかし、83分に途中出場でピッチに入ったばかりのスニガに勝ち越し弾を奪われると、ロスタイムにディーニーにPKを沈められ万事休す。勝ち点を9から伸ばせず、開幕5連勝の首位マンCとは、早くも6ポイント差と開いた。

 モウリーニョ監督は、「何人かが、過度なプレッシャーと責任を感じていたように思う。しかし、全体としてみれば、彼らについては良いことしか言えない」と述べている。

 トッテナムはホームでサンダーランドに1対0と勝利。59分にケインが挙げたゴールが決勝点となり、勝ち点11の3位に浮上した。

 この日行なわれたそのほかの試合では、吉田麻也所属のサウザンプトンがスウォンジーに1対0と完封勝利。吉田はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。クリスタルパレスはストークに4対1と快勝を収めている。(STATS-AP)

最終更新:9月19日(月)8時53分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。