ここから本文です

AKB48グループが朗読劇、「恋工場」開幕=初日は峯岸みなみ、宮崎美穂らが熱演

時事通信 9月19日(月)0時50分配信

 AKB48グループのメンバーによる朗読劇「リーディングシアター『恋工場』」が18日、東京・渋谷のホールで開幕した。

〔写真特集〕AKB48グループが朗読劇、「恋工場」開幕

 メンバーは昨秋、「アドレナリンの夜」でホラー1837朗読劇に取り組んだが、今回はラブストーリーの朗読に挑戦。25日まで全17公演が行われ、AKB48と国内姉妹グループのメンバーが1公演に5人ずつ、計85人が出演する。

 初日に登場したのは峯岸みなみと宮崎美穂、田野優花、大島涼花、倉野尾成美。本番前に全体リハーサルが公開され、幼なじみとの恋、遠距離恋愛などをめぐる女性の心情を描いた朗読劇を5人が2話ずつソロで熱演した。また、自殺願望がある女性(峯岸)と4人の謎の女性が現れる物語の朗読を全員で披露した。

 今回のステージは、客席を縫うように「W字型」にレイアウトされており、出演メンバーと観客の距離が非常に近いことが大きな特徴だ。演出は「アドレナリンの夜」に続き、堤幸彦氏が担当する。

最終更新:9月19日(月)1時58分

時事通信