ここから本文です

杏、双子出産から復帰も「人前が久々なのでドキドキ」

映画.com 9月19日(月)13時45分配信

 [映画.com ニュース] 女優の杏が9月19日、都内のホールで行われた初主演映画「オケ老人!」の完成披露試写会に、共演の笹野高史、黒島結菜、坂口健太郎、小松政夫、石倉三郎、藤田弓子、細川徹監督とともに出席した。今年5月に双子の女児を出産したばかりの杏は、この日が産後初の公の場となったため、開口一番「人前に出るのが久々なので、ドキドキしております」と率直な思いを語った。

【フォトギャラリー】杏、その他の写真はこちら

 さらに司会から「出産という人生の転機を経て、何か変わりましたか?」と問われた杏は、「新しい発見の毎日。久しぶりに出てきて、こういう世界にいたなあみたいな感じ(笑)。ずっと家にいたので、今日は皆さんに会えて嬉しいです」と幸せそうにほほ笑んだ。

 そんな“新米ママ”の杏に対し、子だくさんで知られる笹野は「杏ちゃんにあげなくちゃいけないと思ったのが、オムツを入れる道具。あれ知ってる? お宅は今、オムツ臭いでしょ? 臭いがしない良いのあるから!」と“先輩”として熱弁。映画の話題も忘れることなく、杏の父・渡辺謙の名をあげ「この人はお父さんもすごい人。この人と仕事をしていると、お父さんと仕事をしているみたいで、とっても緊張しました。素晴らしい遺伝子をもらっている!」と絶賛した。

 映画は、ひょんなことから老人だらけのアマチュアオーケストラの指揮を任された高校教師・千鶴(杏)が、楽団員の老人たちとともにコンサート開催を目指して奮闘する姿を描く。杏は、指揮とバイオリン演奏に初挑戦しているため「指揮とバイオリンという新しいことにチャレンジしたので、主演というよりも楽器をやるということにプレッシャーを感じていた。なんとか、やりきることが出来た」と苦労を明かす。そのうえで「でも楽しかったです。みんながその場で(演奏を)合わせたりしてくれたので、そういうやり取りができたのは音楽映画ならでは」と達成感をにじませた。

 「オケ老人!」は、11月11日から全国公開。

最終更新:9月19日(月)13時45分

映画.com