ここから本文です

ギュンドアンが語るクロップ&ペップの違いとは? 「2人とも情熱的だが…」

GOAL 9月19日(月)20時44分配信

マンチェスター・シティMFイルカイ・ギュンドアンは、新クラブで上々なスタートを切っている。シティでの公式戦2試合目となったプレミアリーグ第5節ボーンマス戦でゴールを決めたドイツ代表MFは、チームの好調ぶりや名将たちの違いについて語った。

ボルシア・ドルトムントからシティへとわたったギュンドアンは、先週のチャンピオンズリーグ(CL)ボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦でデビューを飾り、続くボーンマス戦ではチーム4点目を決めた。

ギュンドアンは、新天地で好パフォーマンスを披露できていることに満足している様子だ。イギリス『エクスプレス』が、背番号8のコメントを伝えている。

「チームにこれほどのクオリティーがあって、本当にハッピーだね。でも今までの印象だと、僕たちはフレキシブルに戦っていく必要があるだろう。ここでは、30分間も同じ役割を務めることにならない。常にそれを変えていくんだ」

ドルトムントでは、ユルゲン・クロップ現リヴァプール監督の下で4年間にわたりプレーしたギュンドアン。同指揮官とグアルディオラ監督との違いについては、次のように語った。

「2人ともワールドクラスの監督で、それぞれ特有のクオリティーを有する。ユルゲンのほうがもっと感情的、と言うのはフェアではないかもしれないが、彼がサイドラインで一瞬一瞬を噛みしめている姿を見れば、ドルトムントが彼の下でなぜあれほどの成功を手にしたのか理解できると思う」

「ペップも彼と同じくらい情熱的だが、雰囲気が違うね。彼はどちらかと言えば、試合を読み、想像できる限りの状況を予想し、それへの備えを怠らない天才だ。彼は僕たちにどうやってスペースを生み出し、解決策を見つけるのか教えてくれるんだよ。彼のような監督はほかにはいないし、おそらく世界最高の監督だね」

GOAL

最終更新:9月19日(月)20時45分

GOAL