ここから本文です

レアル、16連勝でバルサの記録に並ぶ ビジャレアルではサンソーネが衝撃の52m弾/リーガ

ISM 9月19日(月)9時59分配信

 リーガ・エスパニョーラは現地時間18日(以下現地時間)に第4節の4試合が行なわれ、レアル・マドリーは敵地でエスパニョールに2対0と勝利。昨季から続くリーグ戦での連勝を16に伸ばし、宿敵バルセロナの持つ記録に並んだ。

 クリスティアーノ・ロナウド、ベイルに休養を与えたレアルは、前半ロスタイムにハメス・ロドリゲスのゴールで先制。後半に入り70分にベンゼマが追加点を挙げ、リーグ唯一の開幕4連勝を飾った。これで勝ち点を12に伸ばし、バルサとの勝ち点3差を維持。また、リーグ戦16連勝とし、2010-11シーズンにグアルディオラ監督(当時)のもとでバルサが樹立した記録に並んでいる。

 レアルGKカシージャは「大事なのはポイントを挙げ続けることだ」「また勝利を収め、リードを保つことができたてうれしい」と満足感を表している。

 ビジャレアルはレアル・ソシエダにホームで2対1と勝利。16分にサンソーネが得たPKをパトが失敗するも、22分にサンソーネのゴールで先制。するとその3分後、サンソーネはハーフウェイラインを越えてすぐの位置からロングシュート。推定52メートル以上と伝えられる位置から放たれたボールは、GKルジの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。ビジャレアルは35分に1点を返されたものの、逃げ切って2連勝。勝ち点8で6位につけている。敗れたソシエダは13位となっている。

 ビジャレアルのエスクリバ監督は、「彼には多くのリソースがある。2点目のゴールは今週中ずっと騒がれるだろうね」とサンソーネに賛辞を寄せた。

 アスレティック・ビルバオは、ホームでバレンシアに2対1と逆転勝利した。立ち上がりにメドランの先制点を許したビルバオだが、24分と41分にアドゥリスが決めて逆転すると、そのまま逃げ切った。アドゥリスは「バレンシアのようなチームとの試合で先制されれば、挽回するのは難しい。僕らはそれをやり遂げた」と喜んだ。

 一方のバレンシアはリーグ唯一となる泥沼の開幕4連敗。モントーヤは「ハードワークをしなければいけない。結果はついてくるはずだ。僕らのプレーは悪くない」とコメント。「僕らは向上できる。今の結果は自分たちのパフォーマンスによるもの」と巻き返しに意気込んだ。

 この日行なわれたそのほかの試合では、オサスナとセルタがスコアレスドロー。ともに初勝利はお預けとなった。(STATS-AP)

最終更新:9月19日(月)11時15分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。