ここから本文です

クラブW杯拡充でコンフェデ杯廃止か 欧州メディア報じる

サンケイスポーツ 9月19日(月)7時0分配信

 各大陸の優勝クラブが世界一を争うクラブW杯の大会形式が大幅に変更になると英紙デイリー・ミラー(電子版)など複数の欧州メディアが18日、報道した。

 クラブW杯は現在、6大陸王者に開催国王者を加えた7チーム制で毎年開催されているが、国際連盟(FIFA)、欧州連盟(UEFA)と欧州クラブ協会(ECA)は2019年より出場枠を16もしくは24に拡大した上で隔年開催に変更することを検討しているという。

 人気、実力ともに高い欧州クラブの出場枠を増やすことで大会価値を高めることが狙いで、欧州勢に少なくとも出場枠8が確保されるという。開催時期も現行の12月から欧州のシーズン終了後に移行するといい、開催時期が重なるコンフェデレーションズ杯は17年ロシア大会を最後に廃止になるという。

最終更新:9月19日(月)7時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。