ここから本文です

<宇多田ヒカル>Mステ特番でタモリと対談 休止中にロンドンで「青春っぽい経験をしていた」

まんたんウェブ 9/19(月) 21:25配信

 今年4月に音楽活動を再開した歌手の宇多田ヒカルさんが19日、大型音楽特番「MUSIC STATION ウルトラFES 2016」(テレビ朝日系)に出演した。宇多田さんは活動再開後初のテレビ出演で、同局の音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」に出演するのは8年ぶり。事前に収録した司会のタモリさんとの約8分間にわたる対談も放送され、活動を休止した理由や休止中のロンドンでの生活ぶりなどを語った。

【写真特集】宇多田、NHK「SONGS」にも出演へ 糸井重里と初対談も

 宇多田さんはタモリさんから、活動を休止した理由を聞かれ、改めて「こういう世界からとにかく離れたくて。いったんリセットしたいなと。だんだん分からなくなってきちゃって。みんなに求められている私とただの私が離れていくみたいな。行きたい方向に行ってない気がして、かといってどこに行きたいのか分からなくなって、いったん止まろうと」と説明。

 休止中の生活については「習いたかった語学の勉強をしたり、すごく興味のあったアフリカ語の文献を図書館に入り浸ってあさったりして。学生ノリというか、若い友だちいっぱいできて青春っぽい、そんなのも経験したり」と15歳から仕事をしてきたため、その間に遊べなかった青春時代を取り戻していたことを明かした。

 音楽活動は「ギターの練習はしていたけれど、6年間、真剣に歌うとか、マイク通してはまったくしていなかった」といい、ロンドンでは「家探ししたり、銀行口座を開いたりとか水道代払う手続きや電気会社を選んでとか、そういうごくごく当然というか、当たり前のことをやっていた」と生活ぶりを語った。

 宇多田さんは、1998年12月発表のデビューシングル「Automatic/time will tell」がダブルミリオンを記録。翌99年発売のファーストアルバム「First Love」がCDセールス日本記録を樹立して以降、日本を代表するトップアーティストとして活躍していたが、2010年、突然ホームページ上で“人間活動”を宣言し、活動を一時休止。日本を離れ、表立った音楽活動は、ほとんど行ってこなかった。

1/2ページ

最終更新:9/20(火) 13:14

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]