ここから本文です

【ソフトバンク】和田、次回登板白紙…左肘状態考慮

スポーツ報知 9月19日(月)6時6分配信

 ソフトバンク・和田毅投手(35)の次回登板が白紙になった。

 17日のオリックス戦(ヤフオクD)で15勝目を挙げたものの、手術歴もある左肘の状態を考慮されて5回で降板。工藤監督は「次(の登板)どうこうは現時点では分からない。様子を見ないといけないかもしれない。あまりにも良くなければ、医者に診せるのも考えないといけない」と説明した。和田はキャッチボールなど軽めの調整。23日からの西武3連戦(西武プリ)での先発に向け「できる調整をやっていく。そこは間違いないです」と強調した。

最終更新:9月26日(月)21時52分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。